ホーム > 書籍一覧 > 詳細ページ
書籍のご案内

神 業(かみわざ)
   世界中の凄腕の治療家達が認めた天城流湯治法とは?

神業

著者 斎藤信二
ISBN4−978−88471−100−9
定価 1,512円(本体1,400円+税)
四六判 ソフトカバー 232ページ

本書の内容
天城流湯治法は「自分の身体は自分で守る」を大前提としている。
人に頼るのではなく、自分で痛みをとったりするということである。
その手技は世界中の凄腕を持つ治療家達をも驚かす。
今や日本のみならず世界中に天城流湯治法の弟子がいる。
外科医、内科医、歯科医から始まり、鍼灸指圧師、柔道整復師、スポーツトレーナー、マッサージ師、ヨガの指導者……そして主婦までもが習っている。
なぜ天城流湯治法は誕生したのか。
そのエクササイズ。
天城流湯治法の創設者である杉本錬堂氏の歩み。
指導者育成セミナーの様子などを紹介している。

著者自身も習ってみた。習いたてでも試してみると確かに痛みは緩和される。
しかし話を聞くだけでは「本当にそんなことがあるのか」と思ってしまうだろう。
本書は天城流湯治法を創設した杉本錬堂氏の生き方を探っている。
あとがきで「人は自分の持っている知識や能力以上のものに接すると、その真の力を理解できずに、時には反発したりする。また否定したりもする。自分が理解できないことを棚に上げ、その能力を見極めようともしない。時に天城流湯治法は、そういう扱いを受けるように思う。」と書いた。
それほどに、にわかに信じがたいという人もいる。
その一方で天城流湯治法は、現代医学との協力が始まっており成果もあげている。
間違いなく逼迫する日本の医療費の削減にもつながると思っている。

エクササイズ
錬堂氏は天城流湯治法のエクササイズをフェイスブックで公開している。その中から幾つか紹介したい。
その前に、天城流湯治法が捉える痛みの考え方について少し説明したい。
人は健康でありたいと思いながら、意外と身体に何らかの異常が出てくるまで自分の身体に関心が行かない。
しかし身体は毎日使っている。メンテナンスが必要である。
そう思って身体に関心を持ってくると、身体の少しの変化に気がつくようになる。
身体に触ると、「あれ、こんなところに痛みが」という箇所が見つかったりする。
それが腰だったら、悪いのは腰だ。だから腰が痛いということになる。
ところが天城流湯治法では(自然療法や代替医療、予防学でも)、その痛みはその箇所とは別な箇所に原因があると捉える。
これから紹介するエクササイズを見ると、痛みの箇所と手当てする箇所が違っていることがわかる。
なぜか。
それは、痛みの原因のほとんどが――打ち身、切り傷、やけどなど障害からくる痛み以外は――お血(おけつ)によって腱が委縮し癒着してしまって起こる展張痛にあるからだ。
(展張痛については、第一章、中山予防医学研究所 湯治師 中山辰也所長の文章にも出ています)
痛みは、筋肉と腱が癒着して起きると捉えている。
その手当てのポイントは三つ。

腱を「のばす」
筋肉を「ほぐす」
筋肉と腱を骨から引き離すように「ゆるめる」

 自分の手で行うため、道具もいらず、場所も選ばず、時間もかからず、手軽にできる点に天城流湯治法の特徴がある。
この方法で痛みの六〇%〜七〇%は改善される。ぜひお試しあれ。

目 次
まえがき
序 章 なんでそんなに人の身体のことがわかるのだろう
錬堂氏との出会いを急速に早めてくれたFB
身体の弱点を見つけてポテンシャルを上げる
人を見ると、どこが滞っているのかがわかる
第一章 錬堂氏ってどんな人
三代目剛柔流継承者東恩納盛男氏との出会い
錬堂氏の動きをみてすぐに「この人は本物」と知る
人間の永遠のテーマ「体温を上げる」「自分で自分の痛みをとる」を可能にする天城流湯治法 いわもと接骨院 院長 湯治師 岩本直己
あれから…日本全国に…世界中に発展して…
世界を駆け巡って活躍する錬堂先生は僕の誇り 自己整法主宰 荒井和則
追い求めてきたセルフメディケーション 国家財政をも救う天城流湯治法
中山予防医学研究所 所長 湯治師 中山辰也 咀嚼を語った杉本錬堂先生 多くの人に学んでもらいたい天城流湯治法
しらゆり歯科医院 院長 功刀(くぬぎ)初穂 現役を続けていられるのは錬堂先生のお陰です
K‐1MAXファイター 湯治師 師範 尾崎圭司第二章 錬堂氏は何で湯治家になったのか
そもそも天城流湯治法って何だ
君の踵(かかと)はもう床にはつかないだろう
あれ? 踵がついた 骨折の後遺症が治った
「自分の体は自分で守る」という日本文化
湯治家になるための道筋だったのか
あなたには人に役立つための能力がある
第三章 縁から縁へ 天城流湯治法が目指すもの
これからは心と体の癒しをちゃんとやらなきゃ
厚生労働省の介護緊急対策事業で成果を上げる
行政との協力事業をキャンセルして全国行脚を始める
人の一言で自分の人生が変わってきた
日本人の生き方 身体を大切にする意味
シャーマニズムと天城流湯治法の使命
第四章 天城流湯治法関連セミナー
知らないことは恐ろしい
天城流湯治法WEBサイト
天城流湯治法指導者育成セミナー
健康セミナー
海外展開
伝統療法カンファレンス
からだ会議 
格闘家(アスリート)の体を治す
脳梗塞の後遺症を温泉で治す東伊豆町
新しい形のリゾート構想
第五章 試してみよう 天城流湯治法エクササイズ
1首の痛み     2四十肩 五十肩    3ぎっくり腰
4脊柱管狭窄症   5ドライアイ・涙目
6ドライマウス   7膝の痛み   8肩甲骨の内側の痛み
9肩の痛みと肩甲骨の痛み      10肩甲骨のふち奥の痛み
11背中の痛み    12乳腺炎    13顎関節症
第六章 「神々の試練」抜粋
―世界のシャーマンに認められた男 ―
生まれて初めて出会ったシャーマン
弱虫中学生
サーファーを目指す
虚弱児の弱虫が海上自衛隊入隊
自立、自分の店を持つ
パラグライダーを始める
第一回長老会議(シャーマン会議)
終 章 天城流湯治士補 育成セミナー 体験記
ぎっくり腰 ダブル体験話 自分でも本当にできるんだ
身体深部に潜む痛みは患部より離れたところに原因が……
思いつきと言うより身体を健全化するための導き
咀嚼の大切さ 消化と免疫力低下を防ぐ
天城流湯治士補 認定証 授与される
あとがき

△ページトップへ