ホーム > 書籍一覧 > 詳細ページ
書籍のご案内

百の功績も一の過ちで全てを失う
   経営の本音を語る

百の功績も一の過ちで全てを失う

ISBN978-4-88471-434-5
著者 後藤昌幸
定価 本体926円+税
新書判 ハードカバー 224ページ

日本を美しくする会 相談役 鍵山秀三郎氏 推薦

失望を希望に導く本に出逢って(抜粋)
本書の著者でいらっしゃる後藤昌幸先生は、背水の陣ならぬ「水中の陣」という、もっと厳しく険しい道を選んでこられました。
一歩退けば、その場で生命を失うという瀬戸際に身を置いて、困難なことに立ち向かってこられました。
しかもその難事を深刻に受け止めるのではなくて、いつも明るく前向きに取り組んでこられたところが、後藤先生の凄いところです。
困難に遭うと失敗だと思い込む人が多い中にあって、後藤先生は困難と失敗とは違う≠ニ、捉えて取り組んでこられました。
今は只、困難なだけであって失敗ではない、そして何があっても自己責任として、他人のせいにはしないという強い意志と生き方を貫かれたことが良くわかります。
全編で漲る後藤先生の企業人生と歴史を、惜しみなく教えていただけることに、深く感謝申し上げ、多くの人に、本書を人生と事業の手引きとすることをお奨めいたします。

序 文
経営は、怖いものである。
いくら利益があっても会社は潰れる。
私の部下で起業した者は何人もいるが、ほとんど消えてなくなっている。
……
そういう人々に共通するのは、慢心に他ならない。いくら技術に長けていても、販売力があっても、経営は出来ない。
これは私の体験から学んだ結論である。
私は最初に入社した会社をはじめ、黒字会社とは縁がなかった。
「会社は潰れるもの」というのが私の実感である。
……
滋賀ダイハツと言えば、中小企業の経営者のなかでは少しは知られる会社になった。
現在は長男が会社を引き継ぎ、平成二十五年には日本経営品質賞大賞を受賞した。
何ともありがたいと喜んでいる。

では、私の人生が成功だったのかと振り返ると、そうとは言えない大きな失敗がある。「百の功績も一の過ちで全てを失う」ほどの、私の経営者人生における最大の失敗がある。
……
そこでわかったのは、いくら利益があっても会社は潰れる。いくら技術に長けていても、販売力があっても、経営は出来ないということであった。
……
ただ私の失敗でわかったことは、それを可能にするには、社員のことを第一に考えて真剣に経営に取り組む経営者がいてのことだということである。
やはり「企業は経営者なり」なのだ。
……
経営者の皆様、経営の真髄を学び、ぜひとも経営の醍醐味を味わって頂きたい。
社員とその家族の幸せのために――。

目 次
序 文
第一章 人生最大の失敗
第二章 後継者の資格をどう育て見極めるか
第三章 老舗企業が教える経営者の生き方
第四章 私の生い立ち
第五章 逃げて諦めては、成就はおぼつかない
第六章 私の初恋 二千通のラブレター
第七章 不良在庫処理、株券譲渡から始まった滋賀ダイハツ
第八章 岩崎社長の決断「君を社長に推挙する」
第九章 次のステージ登場「兵庫ダイハツ」
第十章 社員教育と人が活躍できる組織改革
第十一章 師匠を持つ
第十二章 再度滋賀ダイハツ復帰
補  章 後藤昌幸の経営ポイントアドバイス

後藤昌幸(ごとう まさゆき)
生年月日 昭和8(1933)年12月17日
昭和33年 関西大学法学部卒
商社、生保、鉄鋼メーカーを勤務
昭和37年 滋賀ダイハツ販売(株)入社
昭和41年 滋賀ダイハツ販売(株)社長就任
昭和57年 兵庫ダイハツ販売(株)社長就任
昭和62年 滋賀ダイハツ販売(株)会長就任
平成 9 年 滋賀ダイハツ販売(株)会長退任
 グループオーナー(社主)
 現在は(株)ゴトウ経営社長として経営指導にあたる。
 東京・大阪に輝き塾を開講 情報提供を行っている。

株式会社 ゴトウ経営
設  立 昭和63年7月7日
資 本 金 1,000万円
事業内容
・経営指導 、MG指導
・講演活動 
・人間形成講座「輝き塾」の主催 
・執筆活動 
・各種書籍の販売

所在地  〒520-3046
滋賀県栗東市大橋四丁目1-5
滋賀ダイハツ販売株式会社本社内2階
  e-mail : goto-keiei@shiga-daihatsu.co.jp
TEL 077-551-0088  FAX 077-551-0071

△ページトップへ