ホーム > 書籍一覧 > 詳細ページ
書籍のご案内

1 2 3 4

対人苦の解決 明るい未来へ

収容所での覚醒 民主主義の堕落

■著者 北川八郎
■定価 1,296円
2012年11月10日発売
ISBN978-4-88471-095-8
定価 1,296円(1,200円+税)

△ページトップへ

三日食べなくても大丈夫!! 断食のすすめ

収容所での覚醒 民主主義の堕落

■著者 北川八郎
■定価 1,728円
2012年10月15日発売
ISBN978-4-88471-086-0
定価 1,728円(1,600円+税)

△ページトップへ

収容所での覚醒
  民主主義の堕落

収容所での覚醒 民主主義の堕落

著者 三浦小太郎
ISBN978-4-88471-091-0
定価1,296円:本体1,200円+税
四六判 ソフトカバー

収容所で真実に覚醒したソルジェニーツイン
民主主義国にいながら独裁者の正体を見抜けなかった知識人
ファシズムに文芸復興の夢を見たエズラ・パウンド
戦争と革命、そして収容所の時代を生きた人々の言葉を通じて
新たな思想の地平線をめざす評論集

 第二評論集を編集していて我ながら呆れたのだが、ことごとくすべてが、優れた書物や偉大な思想の紹介文である。
私の文章が後世に残ると思う自信は全くないが、ここで紹介した人々の思索は、時を経て永遠に読み継がれることは確信している。
文学や思想が現実社会に対し何をなしうるのかという問いには私は簡単に答えたい。
文学も、思想も、現実社会においては何の役にも立たない。そして、役立つところに思想や文学の価値はない。文学や思想、映画、音楽などすべての人間の「表現」は、社会に役立つためのものではなく、人間一人一人を、そして世界を精神的に豊かにするためのものである。そして、これこそいかなる政治にも経済にもできないことなのだ。
本書の冒頭に紹介したミャエル・エンデの童話を読んでいただければ、世界はあなたにとって確実に豊かなものとなる。

(「まえがき」より)

△ページトップへ

中小企業経営者に学ぶ 日本再生の経営維新
  
トップで国も会社もその存亡が決まる!

中小企業経営者に学ぶ 日本再生の経営維新

著者 神野宗介(税理士 経営士)
ISBN978-4-88471-426-0
定価1,296円:本体1,200円+税
A5判 ソフトカバー

私は一介の税理士ではありますが、日本人として生まれ、日本の歴史を学び日本に誇りを持っています。国家経営を語るような立場ではありませんが、中小企業の経営の要諦を政治に生かしてもらえば、間違いなく日本は活性化すると思っています。なぜなら経営という視点で国家を考えた場合、政治家のやるべきことは企業のトップと共通している点が多くあるからです。
中小企業の経営者魂を、国家経営を担う政治家が学び、経営者もまた組織の上に立つ為政者を反面教師として自らを磨くならば、中小企業も日本も元気になると確信します。

(「まえがき」より)

△ページトップへ

まちの知恵シリーズA
  鹿児島県志布志の挑戦
  生きがいとまちづくりの起爆剤は創年市民大学

鹿児島県志布志の挑戦 生きがいとまちづくりの起爆剤は創年市民大学

著者 福留 強
ISBN978-4-88471-704-9
定価1,234円:本体1,143円+税
A5判 ソフトカバー
発行:悠光堂
監修:NPO法人全国生涯学習まちづくり協会

(こころざし)のまち・志布志市

白熱した討議。講師も市長も、議員も、若者も、みんな車座になって笑いの中に、杯を交わしまちづくりを熱く語っています。生涯学習センターの大広間、志布志創年市民大学生の大宴会場は、志布志市の熱が沸騰している瞬間です。
「今日は、講師を囲んで飲ん方(飲み会・コンパ)がある日ですから、これも楽しみですね」会員が持ち寄った手づくりの料理 飲み、食べ、しゃべる。約90名の参加者は、お互いに遠慮はありません。“飲ん方”は、誰でもが肩を叩きあい励ましあい、笑い喜び合う象徴的な時間です。
大好きな焼酎、“創年の志”は、日本一と自慢しています。全国にここしかないという最高の焼酎なのです。それもそのはず、「創年の志」は、1年がかりで、この市民大学生か生産した、いわば本物の「生涯学習焼酎」なのです。限定販売されるやたちまち完売という人気。数ある「市民大学」でも、こんな市民大学があるのです。この志布志創年市民大学の様子を見た、県外の首長や教育長、社会教育課長は、一様に感動してしまいます。市民の明るさ、熱気にふれて「これが生涯学習か。こんな市民大学もあるのか」と必ず口にします。
★本書は、市民大学が、まちづくりの起爆剤となって、まちづくり、ひとづくりの中核としての役割を果たしている好例「鹿児島県志布志創年市民大学」をモデルに、市民参画によるまちづくりについて考えようとするものです。

△ページトップへ

まちの知恵シリーズ@
  立川市大山自治会の発明
  助け助けられるコミュニティ

土に生きる

著者 福留 強
ISBN978-4-88471-703-2
定価1,234円:本体1,143円+税
A5判 ソフトカバー
発行:悠光堂
監修:NPO法人全国生涯学習まちづくり協会

日本一の大山自治会・町内会の知恵

都市のまちづくりの目標は、コミュニティ形成
平成23年3月の東日本大震災後。原発事故の影響を受けて被災地の人々は、各地に避難を余儀なくされてきました。東京都立川市大山団地にも、宮城県・福島県から多くの人々が見知らぬ地に避難生活にやってきました。避難者の多くは福島県で地震と津波に被災し、さらに原発事故・放射能汚染の区域からの避難、移転してきた住民たちです。中にはほとんど着のみ着のままで不安のなかに避難してきた人々が多かったのですが、思いもよらぬ地域ぐるみで歓迎されたのです。
この団地コミュニティに対して「地獄から天国に移ったような気持ちです」と、被災者の誰もが感謝する見事な対応でした。
日本中で、このようなかたちで受け入れられるコミュニティが、どこにでもあるわけではありません。むしろ大山団地は例外ともいえるでしょう。都市にあって立川市大山団地のようなコミュニティは、どうして築き上げられたのか。無縁社会がささやかれる東京都内にある団地で、このような地域コミュニティの形成は、都市におけるまちづくりの目標であり、理想であると言えるでしょう。

★本書は、都市におけるまちづくりのあり方を、「コミユニテイ形成」の視点から、東京都立川市大山自治会をモデルに、考えようとするものです。

△ページトップへ

『異形の労働組合指導者「松崎明」の“死”とその後』

土に生きる

著者:宗形明 四六判 ソフトカバー 240ページ
ISBN978-4-88471-507-6
定価1,728円:本体1,600円+税

日本の大動脈から“革マル”は一掃されたか!

元国鉄管理局労働課長が明かす国鉄改革の裏側!!

〜重石から解放されJR労政の新たな展開へ!〜

△ページトップへ

武士道は蘇るか  次元的伝統回帰への道

土に生きる

著者:向田順一 四六判並製176ページ
ISBN978-4-88471-424-6
定価2,057円(本体1,905円+税)

八方塞がりの現状打破の方策は、ここにひとつの回答がある!
 政治も経済も出口の見えない袋小路の様相を呈す今日、いったい日本はどこへ向かい、日本人のアイデンティティはどこに帰結するのか。この先行き「不透明な」時代を迎える中でいま、かつて日本人の魂でもあった精神としての「武士道」を紐解くと共に、近代から現代に生きた武士道精神を継承した14人の生きざまを浮き彫りにしてあります。
 (乃木希典、原敬、八田與一、杉原千畝、出光佐三、土光敏夫等)

△ページトップへ

世の中に役立つものを誰よりも先に作りたい

土に生きる

文:山口秀範 絵:竹中俊裕 A5判 ソフトカバー
ISBN4-978-88471-422-2
定価1,296円(本体1,200円+税)

(株)オーレックの創業者故今村隆起氏の生き様を描いた物語です。現社長の今村健二氏は「刊行によせて」の中でこう述べています。「父は農業機械を作ることで、農作業が楽に、速く、そしてきれいに出来ることになればと願いました。そういう父の精神を形造ったものは神代の昔から日本人に脈々と受け継がれて来た『使命感』であると思います。」
最後のページに掲げてある「今村隆起語録」は人材育成に大いに役立ちます。

△ページトップへ

湘南のおばあちゃん 子供相談承ります

土に生きる

鈴木紋子 A5判 ソフトカバー
ISBN4-978-88471-081-1
定価1,620円(本体1,500円+税)

子供達は、なぜつまずくのでしょうか。つまずいた子供達を立ち直らせることで見えてきた指導のコツ、著者はそれを、「快、不快の原則」と名付けました。「不快」を与えず、「快」を感じさせる指導です。指導にあたっての大切なポイントと、見事な立ち直りを本書でご確認下さい。さらに本書では、究極の指導は幼児期における子育て(教育)にあるとして、脳科学の臨界期を理解して行なう二歳児教育を奨めています。親に教師に指導者に、そして人を育てる点では経営者にも役立ちます。その原点は人づくりです。

△ページトップへ

神武天皇東征記

土に生きる

著者・神武戦史研究会:CD版電子書籍
定価1,028円:本体952円+税

『誰も書かなかった神武天皇と卑弥呼の関係』 は、平成21年2月に高木書房より出版されたもので、この電子本の原本です。
今回はタイトルを変更して、写真を全てカラーにしました。この電子本の情報を使用するには、それが「私的使用」であっても、著作権者の許可を得た上で、使用して下さい。

△ページトップへ

ただ ひたすらに

土に生きる

齋藤 重学 A5判 ハードカバー
ISBN978-4-88471-416-1 C0023
定価1,620円:本体1,500円+税

昭和50年代後半、荒れた中学校としてNHKテレビで全国放送された青森県黒石市の黒石中学校。その時の校長が齋藤重学先生です。本書は校長を退職された後の物語です。
願いは、美味しくて、健康に役立つ米や野菜を食べたいこと。それに向かって、ただひたすら生ごみリサイクルに取り組む著者の姿、それは年齢に関係なく学ばなくてはないない姿勢であると言えます。

△ページトップへ

太宰治―聖書を中心として―

土に生きる

木村 将人 B5判変形 ソフトカバー
ISBN978-4-88471-419-2 C0095
定価1,512円:本体1,400円+税

著者は現在(平成22年)67歳。元中学校の教師です。本書は著者24歳の時の大学の卒業論文です。太宰を語るに聖書を取り上げたものは、あっても少ないと思う。それに挑戦した若い血潮を感じる内容です。太宰ファン、理解者に、別な視点での太宰を提供しています。

△ページトップへ

卒園生に贈り続けて十余年 しおりの花束

土に生きる

小山明久 B6判ソフトカバー
ISBN978-4-88471-417-8
定価1,440円:本体1,333円+税

園庭に咲いた花を、園長である著者が書いた詩に添えて卒園生に贈りつづけてきた。
「ありがとう」は日本一美しい言葉。「ありがとう」は日本一温かい感謝の言葉。

△ページトップへ

日本神話の心

土に生きる

出雲井晶 四六判ソフトカバー
ISBN978-4-88471-082-8
定価1,080円:本体1,000円+税

「日本神話」は、わが国でもっとも古い、もっとも尊い宝物です。読み進むにつれて、尽きることのない深遠な真理が秘められていることに目をみはるでしょう。
付録として、言霊(ことたま)の幸(さき)わう「日本神話」の名文が紹介されています。

△ページトップへ

土に生きる 我祖先を愛し頭脳労働を愛す

土に生きる

上野 喜助

自費出版 都市化の進む新潟市で地域に融合した農業を目指した、人生80年の記録を写真を豊富に使ってまとめあげた一冊。現在は花卉と稲作の2本柱で経営をする。平成20年、農業功績者として緑白綬有功章を受章。親子で農業指導士として活躍。
完成まで約1年をかけました。

△ページトップへ

「JR東日本革マル問題」第6弾 異形の労働組合指導者 「松崎明」の誤算と蹉跌

「JR東日本革マル問題」第6弾 異形の労働組合指導者 「松崎明」の誤算と蹉跌

宗形 明
定価1,620円:本体1,500円+税 ISBN978-4-88471-506-9

「松崎明は革マル派とは無関係」、「JR東労組に革マルはいない」等の労使関係の前提条件は全くの虚構≠ナあることが明らかになった。それを本書は証明する。今こそ「松崎呪縛」を解放するときである。
四六判ソフトカバー222頁

△ページトップへ

タイレストランガイド

タイレストランガイド

ワイワイタイランド編集
定価880円:本体800円+税 ISBN978-4-88471-602-8

タイと日本のタイレストランとともに、タイ王国の概要、タイ料理シェフ名鑑、タイの野菜&ハーブ、タイの調味料、タイ料理レシピなどを紹介。カービングもあります。 全国の主要都市でイベントがあり、そこでも出展し販売しています。
A5判変形ソフトカバー

△ページトップへ

ららばい雑感 続

ららばい雑感 続

赤池 昭子
定価1,728円 (本体1,600円+税) ISBN978-4-88471-414-7

昨年10月に発刊した『ららばい雑感』の第2弾。著者は現在81歳。文章は、気品とユーモアに溢れ、かつ大和撫子の魂を失わず。新婚時代の思い出や手紙も紹介している。
四六判ハードカバー 256頁

△ページトップへ

1 2 3 4