書籍のご案内

令和3年度版 にっぽんの祝日カレンダー

令和3年度版 にっぽんの祝日カレンダー

9784884713065

著者:チームにっぽん大好き(笠原義伸、笠原幸、後藤佳奈)

定価:本体1000円+税

A4(見開きで使用A3)

「おかあさん、昭和の日って何の日?」子供からそんな風に聞かれて、答えあぐねたことはありませんか? 現代では祝日はただの「お休みの日」と思っている子供たちが多くなってきました。

にっぽんの祝日カレンダーは、祝日の本来の意味や、季節の節目、日本の伝統や習わしなどを、小学校低学年でもわかるやさしい言葉と、子どものイラストで解説した、4月始まりのカレンダーです。

お父さんとお母さんも意外と知らない日本語の意味、日本の神様、日本人の心の持ち方など、今まで知らなかった「日本人の根っこ」を知ることができ、小さな子供の心に豊かな感性と自己肯定感を育みます。4月から新学期が始まる幼稚園、保育園、学校などでも使えるようになっています。

令和3年度版は、表紙をめくると「アマテラスちゃんからのてがみ」が出てきます。4月が来るまでこの面が見えるように見開きで飾ってください。また様々な分野で活躍する先生方がイラストで登場し、ワクワクするお話をしてくれます。

お勧め

カレンダーは手にした時はA4の大きさです。開いて使いますので、実際の大きさはA3になります。カレンダーで日本の長い歴史を知ると、自分もその命と繋がっているとう歴史の重みを感じます。日本人の和の心、人を思いやる優しさ、何かに役立ちたいという奉仕の心、正直に生きる、もったいない心、公の心、共同体意識等々、先人が引き継いできた伝統や文化を、今度は自分が後世に繋げていく。そのためにもこの「にっぽんの祝日カレンダー」は大いに役立ちます。プレゼントにも適しています。

製作関係の皆様

チームにっぽん大好き(笠原義伸、笠原幸、後藤佳奈)

編集:後藤佳奈 イラスト/笠原幸

イラスト手伝い:笠原大和、隆太郎、大成

協力:興除神社の西辻宮司 馬場洋 江崎道朗 藤澤好恵 三荻祥 後藤勝徳

お断り:制作に当たり関連書籍等を参考にさせて頂きました。

△ページトップへ