書籍のご案内

昭和と平成を翔け抜け令和へ

昭和と平成を翔け抜け令和へ

ISBN978-4-88471-458-1  C0034

著者:笠井輝夫

定価:本体1300円+税

46判 ハードカバー

喜び生活、喜び仕事、喜び幸福人生を楽しむ!

内容紹介
 さいたま市に本社を置く株式会社躍進、笠井輝夫社長2冊目の出版となる。若き日から現在に至るまでの日々を書き綴る。ガキ大将だった少年時代を経て、水泳の特待生で高校へ進学、しかしトラブルで中退。故郷の水戸市から東京に出て職につくも7社を転々とする。妻と3人の子供を抱え苦しい生活が続いた。
 平成2年に新潟市に本社を置く株式会社ピコイに入社してから、水を得た魚のごとく活躍の場を得た。ところが、平成11年10月にピコイが和議を申請。これがきっかけとなり平成12年10月に株式会社躍進を設立。今までの学びを生かし順調に業績を伸ばす。平成22年2月22日、新社屋を落成。その後、人生で最大の事件、脳内出血と肝臓癌に見舞われる。
 しかし、闘病を続ける中で、多くのものを失ったが、それ以上に大きなものを得ることができた。なぜそう言えるのか。それらを詳しく述べている。昭和と平成を翔け抜け、新しい令和の時代へ。躍進も生まれ変わり更なる前進を誓う書ともなっている。

出版社より
 健康には絶対的に自信があった笠井輝夫社長、それが突然の病で失ってしまう。受け入れがたい現実、それも一度ではない。そこからどうやって立ち直ってきたのか。またカバーにある写真のように自然な笑顔がなぜ出るのか。それを知るには笠井社長に直接触れてもらうしかない。笠井社長、最近の信条は「喜び生活、喜び仕事、喜び幸福人生を楽しむ!」。その真の意味と共に、笠井社長の魅力を本書で感じとっていただきたい。

目次
  はじめに
第一部 ピコイ時代と躍進設立
  一 笠井輝夫の「昭和」
  二 長女・靖子誕生と平成の幕開け
  三 ピコイ入社とわが師・近藤建
  四 東京営業部配属と「水を得た魚」
  五 総量規制とバブル経済崩壊
  六 難聴発症
  七 笠井流ビジネスの根本軸を確立。
  八 劇的な平成の世相の移り変わり。
  九 ピコイ和議
  一〇 躍進設立
  一一 理念、組織のあり方を考える
  一二 FRP防水を柱にする
  一三 東京進出と新社屋落成
第二部 闘病と新たなる歩み
  一四 脳内出血で倒れる
  一五 奇跡的に一命を取り留める
  一六 第二の人生スタートと苦悶の日々
  一七 失ったものの大きさと省みるこれまでの歩み
  一八 躍進を支えてくれる皆さん 感謝の真の意味を知る 
  一九 リハビリと共に生まれ変わる
  二〇 肝臓癌発症
  二一 生還と事業継承
  二二 「経営者として試されている」と新たな決意
  二三 失ったものと得たもの
  二四 『地域のホームドクター』としての役割
  二五 新たな時代に燃え上がるため
  二六 感謝と報恩
おわりに

笠井輝夫(かさい てるお)
 1962(昭和37)年4月2日生まれ。水戸出身
 株式会社躍進 代表取締役社長
 株式会社 ヤクシンジャパン会長
 大宮ライオンズクラブ会員
 水戸大使委嘱
 日本経済新聞懇話会会員
 茨城県人会連合会会員
 財団法人ビルヂング協会会員
 財団法人木造住宅共同組合会員
 公益社団法人日本木材保存会会員
 日本青年会議所OB会員
 日本商工会議所OB会員

△ページトップへ